JAPAN EC大賞

EC通販事業の担当者
1,000人が選んだ!
「JAPAN EC 大賞2020」
受賞企業インタビュー特集!

総合大賞
株式会社再春館製薬所様

"総合大賞""本当に商品・サービスが良い企業""本当に企業の想いを感じる企業"の
2つの部門賞に加え、「JAPAN EC大賞」の栄えある第一回目の“総合大賞”に選ばれたのは
株式会社再春館製薬所様でした。今回は、株式会社再春館製薬所代表取締役社長西川様にお話をお聞かせいただきました。

西川様プロフィール
1993年3月株式会社再春館製薬所に入社。営業企画、研究開発、経理財務、広告制作などの業務を経験し、2001年取締役経営統括本部長、04年7月代表取締役社長に就任。今に至る。

受賞についてのコメント
この度は「JAPAN EC 大賞」総合大賞、商品・サービス部門賞、ブランド部門賞を頂戴し、誠にありがとうございます。また、EC通販業界の大勢の方々に御推薦頂いたとのことで大変うれしく思っております。社員一同感謝申し上げます。これもひとえに、これまで頑張ってきてくれた社員のおかげですので、みなでこの喜びを分かち合いたいと思います。加えて、栄えある第一回目の受賞ということで、その名に恥じぬよう企業として努力を続けて参ります。

Interview

インタビュー

目指すは化粧品でも医薬品でもない
「どこにもない商品とサービス」

商品やサービスでこだわり続けてきたことを教えてください!

私たちの使命は、商品やサービスを通して、お客様に感動を伝えることです。お客様のお悩みを一時的に解決するだけでなく、漢方の製薬会社として人に備わる自己回復力を最大限に引き出すことによって真の効果や実感を得られる、真のお悩みを解決できるような商品づくりやサービスの提供に努めています。例えば、徹底した品質管理のために、全てを機械任せにせず「そこまでやるか!」と、言われるくらい人の手をかけていますし、商品の鮮度を保つために、大量生産や大量ストックはせず、日々必要な分だけを生産しています。商品もサービスも、お客様のお声を聴き、おひとりおひとりのお客様に感動を伝えるということを追求することで「こだわり」となり、そのこだわりを突き詰めていくと「個性」になると思っています。私たちは、その個性を好きになっていただいたお客様に支えられています。

商品やサービスは、どのように
改善されているのですか?

日々お客様のお声を聴いているので、それをすぐに商品やサービス、お客様との応対品質の改善に反映しています。一方で研究開発は、今よりももっとお客様に感動していただける効果実感のある進化した商品を目指しています。その中で、お客様に喜んでいただける成果が見つかったならば一日でも早くお届けしたい、と考え「いいことすぐに」と称して商品を改善・進化させる取り組みも行っております。これは商品に限らず、ご注文からお届けするまでのすべての過程で同じですね。

自分らしく生き生きと、
幸せに年齢を重ねることを応援したい

大事にされている想いを
教えてください!

とにかく、お客様の老化による悩みや痛み、苦しみを少しでも和らげ、自分らしく生き生きと、そして幸せに年齢を重ねていただきたい、その想いに尽きます。それを応援する会社であり続けること、これが私たちの夢です。

そのような想いをどのように
浸透させているのですか?

冒頭にお伝えした通り、お客様に感動を伝えることが私たちの使命です。これを社員1人1人が日常生活で実践できるよう、私が代表取締役社長に就任した2004年に「ありたい姿」という理念を掲げました。新しく入ってくる社員には、この「ありたい姿」に込めた想いなどを私が直接研修しています。

「ありたい姿」について
もう少しお聞かせください

代表取締役に就任する2年前の2002年にはすでに就任が決まっていたのですが、社長に就任するにあたって、どんな会社にしていくべきか?を社員に聞きながら必死で考えました。そこで出た答えが、「本当に大事にするべきことを社員みんなで一致させることが必要」だと強く感じました。試行錯誤の末、行き着いたのが「決して大きな会社になりたいわけではなく、お客様にとにかく喜んで頂くこと、そしてそれによって得られる売り上げを喜びとする社員とともに成長を続け、長く生き残り続ける会社にしたい」というもので、それをより具体化していったものが「ありたい姿」という理念になりました。就任から17 年になりますが、私自身もブレることなく、また「ありたい姿」も色あせることなく、社内に息づいております。

どこにもない会社を目指して

今後のEC業界を
どう予測されていますか?

コロナ禍も追い風となって、私たちが商いを行っている化粧品や医薬品・医薬部外品、健康食品のみならず、全ての商材において通販を利用されるお客様は増加しています。市場が拡大すること自体は良いことですが、反面、競争は激しくなります。これまで以上にお客様おひとりおひとりへのサービスを徹底することが重要になってくると思います。

再春館製薬所さんの今後の展望を
教えてください!

根本は絶対に変わりません。お客様の老化による悩みや痛み、苦しみを少しでも和らげ、生き生きと幸せに年齢を重ねていただきたい、それを応援したい一心です。昨今、健康志向の高まりなどにより、寿命が延び、人生100年時代と言われています。“老化”という観点も、20年前の70代と今の70代は全く違うと思います。よりアクティブで、人生を楽しむ体力と余暇があります。いつまでも自分らしく、やりたいことに取り組みながら年齢を重ねることにも前向きにいきいきとした人生を生きることを、1人でも多くのお客様に意識して、実感していただけるよう進化していく、どこにもない会社になりたいと思っています。